かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
ぼくの妹 最終話 
 2009/07/01 Wed 23:59:59
「しかし僕は指が痛かった」のナレーションに笑った。
その後、ED中の電話で棚から本が落ちないか確認する仕草が面白かった。
なかなか細かい。
こうゆうコミカルなオダギリジョー、やっぱ好きだ。
bokunoimo.jpg
1人一泊4万円の高級温泉宿にて、兄と妹ののんびりした会話で始まった。
そのままゆるりと流れるのかと思ったが、CM明けにちょっとした急展開。
そして後半は、全然期待してなかったが不意をつく感動シーンにうるうる。

「なんか急に親父やおふくろの事?」のあたりは、見事な泣かせどころ。
結婚式で終わるというベタな最終回じゃないってのがこのドラマらしい。
色々とへんてこなトコもあったが、総合的に楽しいドラマだったと思う
(以上、3日前の6月28日放送の感想)

関連記事
スポンサーサイト

タグ: ぼくの妹

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

ぼくの妹 第10話 
 2009/06/22 Mon 23:59:59
西原亜希が演じる英機美のキャラクターが面白い。
身近にいたら多少うざいかもしれないが、ドラマだから面白ければOK。
この女優さんはCMとかでタマに見かけるが、妙なインパクトがある。

『天地人』で父ちゃんの後妻として登場したときも強烈だった。
共演シーンは無いけど、颯役の長澤まさみも『天地人』に出ている。
そういや『世界の中心で、愛をさけぶ』つながりでもあるわけだこの2人。
bokunoimo.jpg
さて、遂に春奈お嬢様にきちんとお断りした江上盟。
来週の最終回まで引っ張ると思ってたが意外に早く決着が付いて驚いた。
ちょっとお嬢様が可哀想だった。
泣きの演技がさりげなく上手いと思った。
(以上、一昨日6月21日放送の感想)
ぼくの妹 第9話 
 2009/06/15 Mon 23:59:59
『世界の中心で、愛をさけぶ』で一躍有名になった、長澤まさみ。
最近では『ハタチの恋人』や『セーラー服と機関銃』が記憶に新しい。
この『ぼくの妹』と同時期に、NHK大河ドラマの『天地人』にも出演。

演技がわざとらしいとか、甘えた口調がワンパターンとか、
職場の女性からやたら不評の彼女、同性に好まれないタイプなんだろうか。
個人的にはそんなに好みでは無いが、妹キャラとしての魅力は感じる。
bokunoimo.jpg
今週はそんな長澤まさみが演じる江上颯の心の葛藤が強烈に描かれていた。
喜怒哀楽の激しい役どころだが、ソツなくこなしていたと思う。
ただ、泣きの演技は…。
涙は似合わないが笑顔が素敵といったところかな。
(以上、一昨日6月14日放送の感想)
ぼくの妹 第8話 
 2009/06/09 Tue 23:59:59
がっつりサスペンスで進む話だったなら、それはそれで面白そうだし、
そうゆうコメディ無しのオダギリジョーもありだと思う。
でも最初の転落死には事件性が無かった。
そこからしてまず変な展開。

ところが今週、新キャラの登場でがらりと雰囲気が変わった気がする。
正直このコミカルな感じのほうがオダギリジョーに合ってるかも。
中途半端なシリアスさなら無いほうがいい。
今週は結構楽しかった。
bokunoimo.jpg
しかし肺がんの患者のレントゲンを見せられるくだり。
強引にも程がある。
こんな奇跡的な偶然はいくらドラマとはいえ…。
そこだけがちょっと残念だった。
(以上、一昨日6月8日放送の感想)
ぼくの妹 第7話 
 2009/06/02 Tue 23:59:59
このドラマの主題歌は、いきものがかりが歌う『ふたり』。
ラストに流れて、そのまま次回予告にいく場合と、
流れたあとに、ラストシーンを挟んだのちに予告にいく場合がある。

どちらのパターンのときも、劇中に突然流れ始める。
イントロなくいきなり「抱きしめても」の歌詞から入るので衝撃的。
曲が流れてる途中に、オダギリジョーの語りがかぶさる事が多い。
bokunoimo.jpg
2ヶ月も毎週聞いてると耳に残ってなかなか離れない。
先日、外食先でこの曲を聞いた。
ヒットしてるのかしらね。
それにしても大滝秀治演じる櫻井の御臨終シーンは寂しかったなあ。
(以上、一昨日5月31日放送の感想)
ぼくの妹 第6話 
 2009/05/25 Mon 23:59:59
特捜最前線の後期までレギュラーとして大活躍した船村一平警部補。
演じたのは大滝秀治。
他にも「つまらん!」や南アルプス水のCMで有名。
ガキの頃から大好きなこの役者さんが、ぼくの妹出演を知り喜んでいた。

出番は少ないものの、やはり存在感たっぷりで独特の大滝節は健在。
またこうやって彼の巧みな演技を毎週楽しめるとは…、幸せを感じる。
しかし、そんな幸せを奪うかのような次回予告…。
不安を感じる。
bokunoimo.jpg
それにしても競馬のシーンは笑った。
てっきりすったのかと思った。
こうゆう展開だと300万賭けて900万になる筈が負けて0のパターン。
でも予想が見事に的中し、買ってなかったというオチ。
面白いじゃないか。
(以上、一昨日5月24日放送の感想)


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。