かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
剣・最終回 
 2005/01/23 Sun 23:59:59
最後の砂浜に残った1本のバイクタイヤの跡と爆走音。
それが、彼がいまも何処かで・・・、
といった、視聴者が好きに想像出来る場面で終了。渋すぎる!!
クウガ以降は、殆んどこんな感じだ。

映画の冒頭部には繋がらない終わりかた。
前作の555が、かなりカチっとした終わり方だったから、
今回、こういったフワっとした終わり方もアリなんだろうと思った。
52対全てが封印されたら、もはやアンデッドは解放できない。
ならば、新たにアンデッドが誕生すれば・・・なんて強引な展開も、
38話あたりから、しっかり伏線貼ってあった訳だ。

仮面ライダーブレイド最終回。
とにかく4人共死なずに、みんなとにかく無事で、そして平和に。
ある意味1番無難な終わらせ方だとも思う。
彼が一人で犠牲になったと、悲観的に捉えるよりも、
始が最後に見た、彼の笑顔と、
始が最後に聞いた、彼の台詞を、
素直に受け止めたほうが心が晴れる。
最後の切り札は自分。
闘わずにして平和を守った優しい仮面ライダーに拍手。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 仮面ライダー剣

カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment
剣・第48話 
 2005/01/16 Sun 23:59:59
大量発生し倒しても倒しても現れる、気色悪いダークローチの大群。
平成仮面ライダーの劇場版では、お馴染みとなった、
いわば戦闘員の変わりで、ただひたすらに出ては消されるやられ役。
アギトのアントロードや、龍騎のシアゴースト、
1万とうたわれた555のライオトルーパー、
そしてブレイドではアルビノジョーカーが率いたアルビローチ。
そのアルビローチの亜種であるダークローチは、
ジョーカーを封印しない限り、無数に現れ人類を襲い続ける。

この『襲い続ける』という、
ちょっとした余裕を見せる展開は面白く感じる。
望みは残っている。
ジョーカーが最後に残った時、世界は滅ぶと言われていた。
だが、ジョーカーを封印すれば、世界は助かる。
って事は、ジョーカーは最後の勝利者になったのに、結局報われず、
結果、ヒューマンアンデッドの勝利になるのか・・・。

ギラファが封印(消滅?)された時点で、
即、ジョーカーの天下にはならず、まだ人類平和への望みは残っている。
どんだけ悪が猛威を振るっても、必ず最後に正義は勝つ、
勧善懲悪の世界、石森章太郎のヒーローイズムを感じる。

来週の最終回に向けて、先週はギャレンが、
そして今朝はレンゲルが、1人、2人と仲間を失って、
闘う事でしか解かりあえない、ジョーカー始と、主役・剣崎、最後の見せ所。
楽しみでしかたない。

もう終わってしまう寂しさと、早く結末が見たい欲望が同居し、
毎度ながら複雑な心境。救いは、仮面ライダー響鬼が始まるってことで。
仮面ライダーの世界は永遠に続いて欲しいものだ。
カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment
剣・第47話 
 2005/01/09 Sun 23:59:59
大好きな橘が・・・。
まさか、あのまま死んじゃったのか・・・。
次回予告にも出ていない。
以前に、『最後に一花咲かせて欲しい』と願って書いたが、
『最期に』とは書いたつもりは無い。
見せ場をつくって欲しかったんだ。
なのに散ってしまったではないか・・・。
最終回で、実は生きていたというオチを切に希望。

ギャレンに銃口を向けられたまま、
天音と携帯電話で話す始。
クサイんだけど、こうゆう泣かせるシーンは好きだ。
必ず帰ると約束した始。
男前やな?と感じた。
残り2回。寂しさが募る。
カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment
剣・第46話 
 2004/12/27 Mon 23:59:59
4人ライダーのバイクでの同時変身。
これには本当に震えがくるほどほカッコ良さを感じた。
ワイルドカリスとキングフォームの合わせ技も見事。
最後まで引っ張ると思ってた天王路編は無事解決。

ツッコミどころは、
金居の緑の血が気味悪く、しかもなかなか拭き取らないでそのまんま。
虎太郎を無理矢理、倒して踏んづけた栞のわざとらしさ。
さりげなく虎太郎の牛乳を飲み干した橘に喜ぶ。
戦闘中、突然に豪雨となるところが、映画のあのシーンを思い出させた。
そしていいところで次回に続く展開。

わ?! 睦月が?! 大丈夫なのか?!
といった緊迫した場面でつづく。
しかも来週の年明け2日は放送お休み。
なかなかじらしてくれる。
ラスト3回。怒涛の展開を期待。
カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment
剣・第45話 
 2004/12/19 Sun 23:59:59
のっけから野太い声のナレーション。
BGMは前OPでノリノリだ。
そして懐かしいシーンがてんこもり。
いい! とってもいい!
冒頭の『これまでのあらすじ』に感激。
同時にもうすぐ終局といった寂しさもわくわけだが、
この盛り上げかたは気にいった。

内容的には、烏丸がまだ出てきてないのが気になる。
最後に美味しいとこかっさらっていくんでは無いかと心配だ。
個人的には橘に、もうひとはな咲かせる様な大活躍に期待したい。

今週から始まった4回連続クイズ。
望美のマフラーの色。
最初2色だったので「あれれ?」っと思ったが、
ちゃんと2色の答えが用意されていた。
しっかり携帯から解答を送信。
まぁー当たらないとは思うけどあと3回もしっかりと・・・。
カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment
剣・第44話 
 2004/12/12 Sun 23:59:59
結局、すべてが偽物という事で簡単に片付いてしまった。
少々残念だったけど、
まぁ?始の大芝居といった『どんでん』が用意されていて、
話はかなり楽したと思う。

かつてアンデッドに支配されかけてそれを克服した、始と睦月と、
今までそんな事無かった、剣崎と橘。
その2対2の抗争でストーリーが進み、
剣崎と橘がアンデッドに徐々に心を奪われていき、
やがては始がまたジョーカーになって、
最後は睦月がおいしいとこをなんて奇想天外な展開を想像していたが、
見事にハズレた。

先週の次回予告の罠(天音を襲うシーンとか)にひっかかり、
またジョーカーの力に・・・と、ひやひやさせられた。
ちょっとずるい気もするが、楽しめたのでよしとしよう。
始の決め台詞「俺達の芝居もおまえの芝居もここまでだ」は、
マジでカッコよかった。

そして、来年も新しい仮面ライダーで1年楽しめる事を知り、大喜び。
カテゴリ仮面ライダー |  trackback  |  comment


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。