かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
刑事部屋・最終話 
 2005/09/14 Wed 23:56:46
なるほど、そうするか?といった感じの終わり方。
鵜飼の娘のエピソードと、鵜飼のキャラクターを、
最大限に活かした、鵜飼カッコいい的な終わり方。
これまでの8話で、娘との接触を段階的に見せて、
これまでの8話で、鵜飼の個性を強くアピールして、
これまでの8話で、鵜飼の仙道への態度を変化させ、
これまでの8話に、しっかり伏線をはりまくって、
今まで蒔いた種が全部花開いたといったところだ。

そりゃ鵜飼の娘の事を最後にとってたのは解っていた。
しかし、もっと仙道サイドで動きがあると思っていた。
姫やポチや良純(机の下は笑えた)の登場を極力抑え、
あえて主役の仙道までをもかすませたうえで、
鵜飼メインで描写した意外性は面白く効果的に感じた。
仙道が最後にああなるには、やはりあれくらいの、
重いものがあったほうがリアルなんだろうか。
結果、鵜飼が重要でメインで中心だったのかもしれない。

それでも柴田恭兵の魅力は、充分に表現されていた。
極道と親の立場という、ありきたりのストーリーも、
恭兵が語れば、すごく響くし、暖かいし、感動する。
5話辺りから少しづつ崩したキャラクターも、最後は、
しっかり締めて、1?2話の真面目さを取り戻してた。
やはり恭兵はカッコいい。大好きだ。
また刑事ドラマやってほしい。
たとえ刑事部屋がシリーズ化しなくても、違う形で…。
次の恭兵の刑事ドラマを楽しみにして、
HDDの毎週録画水曜21?22時6チャンを消した。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 刑事部屋

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

刑事部屋・第8話 
 2005/09/07 Wed 23:59:59
いまどき「犬のおまわりさん」を唄いながら、
呑気に巡回する警官はいないだろうと思っていたら、
この番組には珍しく、銃発砲シーンで惨事に。
あとで犬がうるさいという通報で駆けつけたことと知り、
納得はしたが、鼻歌で現場に向かう怠慢さに疑問。
結局、最後は死亡せずで、いつもの様に和やか解決だった。
・・・だった。・・・の筈だった。多分。
サッカーの為、放送の時間がずれるのは承知していたが、
延長でED寸前の、鵜飼が警官の病室にいるシーンで、
無残にもタイマー録画が切られていてショックだった。

前半の仙道は、すっかりポチの抑え役に回っていてたので、
なんだ今回は、冷静に熱くなった部下を制するだけかと、
少々がっかりして見ていたが、随所にも恭兵の魅力が沢山。
走るシーンに、姫がくれたカップでコーヒーを飲むシーン。
ポチに語るところや、最後の犯人に理詰めするところ。
本当に柴田恭兵はカッコいいな?と画面に釘付けになった。
これで鵜飼もポチも視聴者も、仙道の過去を概ね聞かされた。
まさか誤認逮捕だけが、刑事を退いた理由じゃ無いよね仙道!
仙道の今度がどうなるのかは、当然ながら来週におあずけ。
残り1回だ。(シリーズ化はしないかも…おそらく)
刑事部屋・第7話 
 2005/08/31 Wed 23:28:20
柴田恭兵のダンスシーンのみが目立っていたと言っても、
決して過言では無い、全体的に薄味な内容だった今回。
「昔とった杵柄」も過去の恭兵のドラマで、良く聞いた台詞。
もうちょっと激しく踊ってくれてたらなお嬉しかった。
自分としては仙道のワイシャツ・ネクタイ姿での踊りを、
5分くらい見せてくれても良かったのにーとさえ思えた。
それでも久々の恭兵ダンスにうっとりした。

笑えたところは、壊れたクーラーを叩く姫。
姫の「私がいくつか解ってて言ってるの」の台詞。
田所課長が電話で怒鳴ったあとの姫のおちょくった拍手。
姫は、ザンパンの中でもいいキャラクターをしていると思う。
仙道や鵜飼と肩を並べるだけのインパクトはあると思う。

内容的には、小林涼子の登場シーンが手強い印象大だったのに、
意外とあっさり打ち解けてしまったのに、やや拍子抜けだった。
鵜飼の方の事件に関しても、際立った進展無しですんなり解決。
備品紛失は、意外と言えば意外だが、適当だと言えば適当。
ようするに全てにおいて、盛り上がりに欠けていたなと感じた。
その分、次回は打って変って激しい展開になりそうな予告編。
いよいよラスト2回だ。
刑事部屋・第6話 
 2005/08/24 Wed 22:22:32
最後の方で、姫野がいいことを言った。
「あの男にとって相手は誰でも良かったんです。
あなたには、何の落ち度もありません」
ストーカーに目を付けられた由夏に、救いの言葉。
それにしても気持ち悪い奴だった。
歪んだ思考回路を持ち、火の熱さを知らなかった男。
放送時間残り6分で明らかになった、腹立たしい犯人に、
鵜飼と仙道の、アツくきつい決め台詞が飛び交う。解決。
そして、いつものように刑事部屋での和やかな会話。
いつもながら、実に清々しく気持ちのいい結末で、
EDへの運びかたが本当に上手いなーと思う。

主題歌プレゼントの告知が、ネタを含んでいて面白かった。
100名から101名に、当選者を増やすところに笑った。
冒頭で、台風接近のテロップが流れていたが、
最後に田所が珍しく飲みに誘った時の鵜飼の一言の、
「明日、台風になるぜ」は、出来すぎていておかしかった。
ED直後の、病院に向かう道で星を見つめて一言呟く仙道。
この27秒のシーンは、恭兵ファンへのプレゼント。
鵜飼においしいところを随分と持っていっているので、
せめて最後位は、恭兵のカッコ良さをご堪能下さいという、
製作者が用意した恭兵ファンへの配慮ではないかと、
恭兵ファンの自分は、勝手に想像している次第で・・・。
刑事部屋・第5話 
 2005/08/10 Wed 23:59:59
いい感じだったOPが省略されて、少々ガッカリだったが、
それでも柴田恭兵の魅力がタップリ溢れていて面白かった。
かなり砕けた台詞や立ち回りが出てきて楽しかった。
やはり真面目一辺倒で押し通すには無理があるのかも。

「ザンパンにおまかせあれ」の上着をはおるシーンとか、
「さすがポチ君、鼻が効きますね」の台詞もそうだし、
事情聴取の時、無理なのに似顔絵を要請したり、
乳母車追いかけて、走ってジャンプするシーンとか、
お茶貰って、「いつもありがとう」と声を裏返したり、
いろいろと楽しい場面が満載だった。
欲を言えば、100円ショップでサングラスかけて、
あぶ刑事をパロって欲しかったが他局だから無理か…。

今回は、30万円強盗には便宜を図るが、万引きは許さない。
仙道の矛盾に、皆から反発を喰らうといったせつない展開。
結果的には救われるラストとなったけど、
病室で「俺は冷た過ぎるのかな」と呟くところは哀しかった。
ここまで意地になるのは仙道の過去が何か関係しているのか?
そんな深読みまで、してしまった。全然関係無かったが。

他に感じた事は、ジムの女性が鵜飼の隠し子かという疑惑。
良純より格別に良い役を与えられてるなと思う、ガッツ石松。
鵜飼が食べてたラーメンが、すごく不味そうに見えた事。
そして、シリーズ化無しで劇中の公約通り3ヶ月限定で、
本当にあと4話で終わるのかといった不安。
刑事部屋・第4話 
 2005/07/27 Wed 23:23:23
先週、仙道のキャラに馴染んできたと書いたが、
また少し解らなくなってきた気がする。
横っ飛びしたり、ツッコミ入れたり、はみだしたり、
さりげなく大下走りもしていた。
いや、これは柴田恭兵の走り方なのかもしれないが、
手のひらを拡げて、スーツ姿で走るサマは、
どうしても大下勇次に見えてしまってあぶない。

今回は親子関係の話で、それに準じた振り込み詐欺事件。
唐突なワニの登場は、加害者の逃亡を止める役割の他にも、
ウニと絡ませるのにも必要だったみたいだ。
身体を軽くされて、看板に当たって倒れこんだのも、
金目鯛をわざとらしく「ぜんめだい」と読んでみたのも、
すべては伏線だった訳で、なかなかいい展開だと思った。
性転換という意外性もあったし、救助船の語りも良かった。
アイフル清水章吾が、鰻三人前を妻に注文させるところも、
ささいな台詞ではあるけど感動した。
いろんなところで、細部までよく練られているなと思う。
創り手の意気込みみたいなものを感じた。

最後、仙道と共に空を眺める鵜飼には笑った。
プリンのトコでも感じたが、打ち解けてきてるかなと思った。
先週嬉しそうにめくってた日めくりカレンダーは何処に?
最終回あたりでまたでてくるのだろうか。


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。