かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2011/10/16 Sun 23:48:04
真矢みき演じる純子がお気に入りの富田君は台詞が少ない本当のちょい役。
今回は取って付けた様な学生時代の知り合いという関係で台詞が多かった。
演じるは松尾敏伸、仮面ライダー歌舞鬼をやってた人だ、気付かなかった。
kokusen.jpg
最後の「貴女はこの8年、心の傷を抱えたまま以下略」の台詞は良かった。
相変わらず田村正和は渋くていい演技をするなあと改めて感心させられた。

刑事ドラマや事件ものが大好きで、ガキの頃から色々とよく観ていた自分。
だからこうゆうレイプされて自殺しその復讐でって話は腐るほど見てきた。
子供ながらにもレイプってえのは殺人に匹敵する重い罪だと思ったものだ。
だから未だにAVでレイプのジャンルは受け付けない、下手な演技でもね。
(以上、昨日2月17日放送の感想)

2011年2月18日(金)

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 告発~国選弁護人

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:ドラマ感想

 2011/09/19 Mon 16:59:43
我が身を守る為「あの時大声で『火が…火が…』と叫ぶ」という嘘の証言。
それを聞いて絶望した清水熱子の大きな笑い声が、哀しく法廷に響いた。
どん底に落とされ、泣くを通り越して笑う若村麻由美の迫真の演技だった。

もう一つ、火の記憶の真実、愛する夫の為に刑事に身体を投げ出した母親。
「ママは汚い、大嫌い」自分が母に対して思っていた事を娘に…。

以上2点、あまりにも可哀想で救われない話で、後味が悪いのなんの。
最後のピアノを前に田村正和と相武紗季の父娘の会話で少し緩和されたが。
kokusen.jpg
哀しい話だったけど、若村を筆頭にしてゲストに好みの人が多かった。
まず刑事役、昔は仮面ライダーZXで今はホンボシに出てる菅田俊。
父の昔の仲間、昔は刑事くんや特捜最前線に出ていた懐かしい桜木健一。
そして父、昔はベンジャミンで今は十津川警部シリーズで亀井の伊東四朗。
特に伊藤の泣きの演技は良かったなあ。
(以上、昨日2月10日放送の感想)

2011年2月11日(金)
 2011/09/08 Thu 18:11:46
ゲストの若村麻由美に大喜び。
『さすらい刑事旅情編』や『科捜研の女』に出てたとても綺麗な女優さん。
今回は複雑で怖くてやばい雰囲気で結構難しい役なのだが上手く演じてた。
正統派の美人かつミステリアスで妖艶な女も難なくこなす巧みさがあるね。

幼い頃の薄っすらな記憶の妖しさと、子殺しという恐ろしい事件に加えて、
この若村演じる熱子の狂気じみた言動や振る舞いが怖さに拍車をかけてる。
kokusen.jpg
そんなおどろおどろした内容の中、ホッとさせてくれたのは、
田村正和と相武紗季の父娘の会話と田村正和と真矢みきの義理兄妹の会話。
特に純子の「もう一度言って…」には笑えた。

今週で決着付かず、来週に続く。
どんな結末になるのか、楽しみなんだけどちょっと恐いなあ…。
(以上、一昨日2月3日放送の感想)

2011年2月5日(土)
 2011/07/22 Fri 17:52:03
今回は内容はともかく、ゲスト陣が素晴らしかった。
まずは遊井亮子、テレ朝の仮面ライダーキバや仮面ライダーWだけでなく、
新・科捜研の女、相棒、おみやさん、京都迷宮案内、はみだし刑事情熱系、
特命係長・只野仁など大好きなドラマの数々にゲストで出演した女優さん。
kokusen.jpg
次に鈴木美恵、今回はスーパーマーケットの店員役だったが田村正和とは、
大好きなドラマ『パパはニュースキャスター』で父娘の関係で共演済みだ。
そして大空真弓、こちらも映画の風林火山で田村正和と夫婦関係で共演済。
しかし大御所の彼女が認知症の役で、出番も少なくて、少々びっくりした。
更に石井正則、これまた古畑任三郎で田村正和と部下・上司の関係で共演。

最後に原沙知絵、7人の女弁護士では弁護士役を演じてたが今回は証人役。
…とみせかけて後半のどんでん返しでちょっと同情、可愛そうだった。
(以上、昨日1月27日放送の感想)

2011年1月28日(金)
 2011/07/15 Fri 18:41:58
重々しくややこしい政治絡みの事件で、ものすごくドロドロしたお話だが、
出演者が魅力的なので不快感なく視聴できている。
暗い内容の中、田村正和と橋爪功や真矢みきの会話が和みを与えてくれる。
佐原弁護士を演じる田村の背広姿や独特の演技を見てるだけで幸せなのだ。
kokusen.jpg
ラスト14分、CMを挟まず続けられた第7回公判は佐原弁護士の独断場。
ボソッと「嘘だ」と呟いて、たたみ掛ける様にたった一つの真実を延べて、
「弁護人はあえて言う!被告人こそこうし以下略」で締めくくる鮮やかさ。
この爽快感、田村正和の熱く長い台詞に酔いしれた。

ドラマ・アンフェア以降幸薄い役が多い木村多江が演じる赤堀波子の、
夫殺しに関してはいちよ解決したみたい。
でも釈由美子が演じる岸田麗子は依然逃亡中、来週以降追いかけるのかな。
(以上、昨日1月20日放送の感想)

2011年1月21日(金)
カテゴリ普通日記 |  trackback  |  comment
 2011/07/11 Mon 00:35:30
今夜始まった木曜ドラマ告発~国選弁護人は、初回15分拡大版。
国選弁護人、いわゆる自ら弁護士を頼めない人々の為に国が定めた弁護士。
その国選弁護人を主人公とした事件モノ連続ドラマで、
刑事ドラマ大好きな自分には斬新かつ興味深く、更に好みのキャスト揃い。
kokusen.jpg
言わずと知れた田村正和、昔からの大ファンで彼の出演作は大抵観ている。
そして、大好きな京都迷宮案内の杉浦恭介を演じた大御所の俳優・橋爪功。
この2人の競演で思い出すのは、20年近く前の「カミさんの悪口」だ。
佐原・岡部両弁護士の会話に懐かしさと安心感を抱いてしまう。
女優陣も真矢みきに相武紗季という自分好みの2人が出ていて嬉しい限り。

どうやら一話完結じゃないらしい。
裁判中に逃げ出した被告人の件は解決せぬまま次の裁判が始まり結構複雑。
面白かったのは15年前の回想の岡部の髪、感動の場面なのに笑いが…。

2011年1月13日(木)


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。