かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2007/06/08 Fri 23:59:59
早いもので9話はパート2の最終回。メインゲストは大好きな室井滋。
他のゲストとしてアギトの升毅と龍騎の神保悟志というライダー繋がり。
特に最終回だからといった展開でも無く、普通に続編ある感じのラスト。
しかしながらこのドタバタ劇が、来週末から楽しめ無いと思うと悲しい。
20070413.jpg
特に最終回だからの展開では無いが霧山と三日月の喧嘩はそれ風の感じ。
霧山単独での解決編突入から最後に三日月が駆けつける流れは良かった。
誰にも言いませんよカードを預けた直後に明日行けないって…明快過ぎ。
そして、新しい趣味が不発に終わりやっぱりおまえはのシメも好感触。

今回の個人的ツボは、期待を裏切らない十文字の電車乗り遅れと、
リングの古井戸パロディと、捜査員達はお手上げと、ギターと、乗馬と、
さよならは別れの言葉じゃなくて再び逢うまでの遠い約束のテロップ。
パート3で霧山達に再会できる時が、1日も早く来るのを願うばかりだ。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 時効警察

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

 2007/06/01 Fri 23:59:59
8話は加藤治子と松田美由紀がゲスト。主役は今回は特別に三日月。
というのには理由があって、エンディングの最後にその答えがあった。
監督・脚本、オダギリジョー。なるほどそれで自分の出番を…と納得。
それにしてもこのテロップが最後の最後じゃ無かったら気付かなかった。
20070413.jpg
多少カメラワークがなんか?だなと思った位で違和感迄は感じなかった。
脚本家や監督をいちいち気にせずドラマを観る自分は違いの解らない男。
で、最後にオダギリが監督・脚本と解った後に、改めて観てようやく、
いつもとちょっと違うかなと思う程度。所詮はそんなもんだろうぜ。
それはともかく病室でのぬいぐるみ「これ要らない」投げには、大爆笑。

今回の個人的ツボは、時効ダンスと、病室でのぬいぐるみ投げ捨てと、
真加出のこんちくしょう精神や、美味しそうなステーキ(わがまま)や、
ものすごくくだらない三日月撮影ビデオや、顔面真っ白な三日月や、
夢でも現実でも犬に噛み付かれる三日月。嘘ついて雨に打たれる十文字。
 2007/05/25 Fri 23:59:59
今週のゲストは国生さゆり。何を隠そう遥か昔のおニャン子クラブの中、
河合その子、永田ルリ子と並んで3大推しだった一人なのである。
それだけで今回は満足。なのにそれに加え、加勢大周に、由紀さおりと、
アタックNo1に出てた宮地真緒と久保田磨希。ゲスト陣、地味に豪華。
20070413.jpg
今週は珍しくタイトルコールのあとすぐ提供告知してCMに入った。
なんだか違和感。それなりに理由があったのだろうか…。(無いな多分)
2つの事件に他殺と自殺と事故の可能性有り。面白いお話だった。
先週に負けず劣らずの良回。今シリーズ現時点で、6話と7話が大満足。

今回の個人的ツボは、卵に語る十文字とか、卵で押そうとする熊本とか、
食パンとちくわや、寄せ書きの『バス増やせ』や、霧山アタックや、
「サッカーならともかく」や、フランスパンお持ち帰りの三日月や、
時刻表の『1日だいたい4本位』や、ふくれっつらの真加出や、
霧山回転レシーブや、話は五百円や、質問は三百円や、鳩時計や、
三日月の「どうするつもり?」の台詞や、心配たす安心は平常心。
 2007/05/18 Fri 23:59:59
今週のゲストは西田尚美。54歳にしては綺麗な女性だな?と思ったぞ。
んでもって、温泉旅館という旅情たっぷりの舞台が嬉しかった。
レギュラー全員揃って、温泉に入ったり、浴衣で食事をしたりと、
和気あいあいとしたとても楽しそうな雰囲気が伝わってきて楽しかった。
20070413.jpg
旅館の食事の席で、霧山の何気ない「これ、温泉に混ぜたら」発言に、
一旦ノッてから間を置いてハッとなる女将とその娘。真相が隠れていた。
そこにあえてアリバイを用意しなおかつツボ師匠のどんでんまでプラス。
すごく筋がいい。それでいて2?5話より小ネタの質が良いと感じた。
そして霧山とツボ師匠との会話が、なかなかの肝だった。深かった。
54年間のメモリー。いい台詞だった。真面目過ぎる位に。
感動とギャグのバランスが絶妙、今シリーズ現時点で最高の回だと思う。

今回の個人的ツボは、白髪の獅子十文字とか、藪から棒の三日月とか、
囲碁してる霧山や、飲み屋の看板や、メニュー張り紙や、若い同級生や、
字幕付き長講釈や、『ハッ。』の文字や、「熊本君なんか老けてる」や、
解決編で霧山発言中の後ろでニールヤングでギター弾く真似した三日月。
 2007/05/11 Fri 23:59:59
5話のゲストは鶴田真由がいっぱい。先週に引き続き懐かしさ一杯。
アリバイに多胎児というベタな設定も、ココまで派手にしちゃうと、
それはそれで逆に面白く感じるのが、なんとも時効警察らしい。
「四つ葉のクローバーだったら…」発言が解決のきっかけ。面白い。
20070413.jpg
トランプがなんだったか解るか? この鮮やかな引っ掛けも見事だった。
その伏線として突然の手品だったのも、なかなか良い流れだと思う。
路上駐車取締りとゆう、交通課らしい仕事してる三日月が新鮮に見えた。
そうか、時効課じゃなく元から交通課だったんだなと今更ながら改めて。

今回の個人的ツボは、三日月の台詞「一回位いいじゃない」とか、
年齢査証とか、記憶力が良いくせにトイレの方向を間違える三日月とか、
誰にもいいませんよロイヤルストレートフラッシュとか、ハイな監督。
今週は,なんか小ネタよりも展開や構成が素晴らしかったなと感じた。
 2007/05/04 Fri 23:59:58
第4話はゲストのともさかりえが、なんかすごく懐かしくて良かった。
更に、ちょっとだけ真加出にスポットが当たってて、これも良かった。
そのうえ、三日月ソングが目一杯楽しめて、不思議な満足感があった。
三日月だけに月見そばと満月。石楠花じゃなく月見草だったら完璧だ。
20070413.jpg
催眠術という推理モノのタブーを大胆に取り入れたとのとは対照的に、
トリックは氷とか、鍵が落ちて密室とか、古典的な推理モノの流用。
この相反するミックスの妙が楽しい。流石コメディドラマだなと納得。
昆布巻きの干瓢解いてブラブラ。しか?し、一枚上手だった霧山に拍手。

今回の個人的ツボは、関取が痩せて男が太った人生の逆転劇とか、
いきなり序盤で『誰にも言いませんよカード』を渡しかけるとことか、
解決編のぐちゃぐちゃな催眠術幻覚シーンだ。今までに比べて少ない。
個人的に面白いと感じた物とつまらないと思った物の、差が大きかった。


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。