かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2009/12/21 Mon 23:59:59
なんやかんやといちゃもんをつけながらも、
結局は最後の最後である最終回までしかと楽しむ事ができた東京DOGS。
やっぱキャストが好みだと、文句を言いながらも観てしまうから不思議だ。
tokyod.jpg
名探偵コナンの実写版の工藤新一や、
天地人の石田三成を演じた小栗旬。
そして仮面ライダーカブトで天道総司・カブトを演じた水嶋ヒロ。
この2人のコンビじゃなかったら途中でリタイアしたと思う。

それにしても、実は倒した神野は影武者で本物を追ってニューヨークへ…。
…続きは劇場で、来年春公開!とかゆう最終回でなくて本当に良かったよ。
哀しい別れも、一本背負いによっていつものギャグ風味で幕、面白かった。

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 東京DOGS

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:東京DOGS

東京DOGS 第9話 
 2009/12/14 Mon 23:59:59
随分と貫禄有る役を演じる様になったんだなあ。
先週の感想で、あえて書かなかったけど、神野はやっぱりこいつだったか。
『かず辞典』にも載せてる位で、かなり好きな俳優だ。
tokyod.jpg
デビューの頃から知ってるし、彼の出てるドラマは結構よく観てた。
声と口元だけでそうかなと思ったが、本当にそうだったので逆にびっくり。
まあ、うちらの年代なら簡単にわかるかもね。

いよいよ来週は最終回だ。
しかも25分拡大SPとは嬉しいじゃないか。
今からHDD毎週録画の終了時間を25分遅くするのを忘れずにやらねば。
最終回の最後25分が撮れてなかったらしゃれにならんもんね。
東京DOGS 第8話 
 2009/12/08 Tue 23:59:59
バイト先から消えてから、しばらく鳴りを潜めていた甲斐崎が再登場した。
甲斐崎とその手下だけでなく、神野の直属の部下も参戦し、
奏やマルオとの銃撃戦での攻防は興奮ものだった。

ここまでシリアスに盛り上がり、話も佳境に入ってるというのに、
下らないギャグを並べるパターンは一向に止める気配無し。
随所で興奮が冷めるしテンポも崩れるので、せめて数を減らして欲しい。
tokyod.jpg
まあ神野が実は生きていたってのは誰もが想像できる展開だけど、
最後にまさか奏に電話をかけてくるとはビックリだ。
声だけ初公開。
映像は口元のみ。
役者テロップに名前無し。
見事なまでの焦らしっぷりだ。
(以上、昨日12月7日放送の感想)
東京DOGS 第7話 
 2009/12/01 Tue 23:59:59
由岐とゆっくり話しをさせる為に、奏を呼び出さずに単独行動。
せっかくのマルオの見せ場なんだから、
この無茶をするところにもうちょっと尺を使って欲しかったなあと思った。
tokyod.jpg
尾行も、野球賭博の事務所への潜入もめっちゃ簡単すぎて、拍子抜け。
格闘も短く脱出もあっさりで、危険さがあまり感じられず物足りなかった。
でも最後の銃撃戦が意外とかっこよかったので良しとしよう。

奏とマルオが言い争いをしながらも弾を補充しつつ撃ちまくるシーンでは、
大好きな『あぶない刑事』を思い出して、ちょっと嬉しかった。
今回は由岐と神野との出会いとか色々でてきた。
盛り上がってきましたね。
(以上、昨日11月30日放送の感想)
東京DOGS 第6話 
 2009/11/24 Tue 23:59:59
潜入捜査とかヤクの取り引きが、なんかものすごくぬるくてチープだった。
甲斐崎の正体のばらし方も、捕らえたヤクザからの証言という安易過ぎる。
だいたい海に沈めただけで死体の確認もせずに信用するなんてありえない。

だけど奏とマルオのコンビに馴染んだ今では、それらも微笑ましく思える。
2人が口喧嘩し周囲を煙に巻くパターンは最初はつまらないと思ってたが、
これだけ畳み掛けるように毎回やられると面白く感じられるから不思議だ。
いわゆる『お約束』と化した状態で楽しめる。
tokyod.jpg
記憶が戻って苦悩する由岐と奏のやりとりも楽しみのひとつとなってきた。
しかし、母さんからの電話と妹の彼とサブキャラの刑事達のお約束だけは、
どうしても好きになれないし未だに全然馴染めない。
(以上、昨日11月23日放送の感想)
東京DOGS 第5話 
 2009/11/16 Mon 23:59:59
最初の内は途中でリタイアするかなと心配していたが、どうしてなかなか。
回を重ねる毎に、少しずつ面白くなってきてるんじゃないかな。
奏、マルオ、由岐、徐々に3人のキャラに馴染んできた。
tokyod.jpg
ふたたび由岐を一本背負いする奏。
「巨乳か爆乳か、今必要か?」の台詞。
マルオの相棒パロディ。
「早く寝ろ!」「お父さんか!?」の会話。
奏を尾行するマルオと由岐。
以上5つが今回の個人的ツボ。

堀川の彼女が言ってたマルオは由岐を好きだけど由岐は奏を…に納得。
このあたりがこのドラマのポイントで、今後のお楽しみなのだろう。
それにしても、はみだし刑事の西崎・風間トオルが悪役ってのはショック。


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。