かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2010/09/17 Fri 23:59:59
大好きな科捜研の女10。最終回は初回に続いて嬉しい2時間スペシャル。
いちシリーズの頭と尻尾が2時間SPとは局の気合の入りようが他と違う。
長時間楽しめるだけでも嬉しいのに、ゲストが良かったから一層ハッピー♪

まず三田村邦彦。必殺仕事人で飾り職の秀を演じていた大好きな俳優さん。
最近はドラマに出て無かったから、久々に彼の演技を見れて嬉しかった。
そして森カンナ。仮面ライダーディケイドに出てたライダーガールだ。
夏みかん以外の役を見るのは、自分はこれが初めて。すごく新鮮だった。
20100917.jpg
面白かったのは、早月とマリコの「はい!」「これは?」「これは?!」。
頼んでたのを忘れるとゆう、お約束のやりとり。こうゆうの好きだ。
あと最後に、東京へ行った美貴からのポストカード付き贈り物。
ずっと観てる人達への、ちょっとしたファンサービス。こうゆうのも好き。

終わってみれば、あっと言う間の2時間だった最終回。
いや、過ぎてみれば、あっと言う間の2ヶ月ちょいだった第10シリーズ。
楽しかった木曜の夜も、しばし小休止。第11シリーズを楽しみに待つ。
(以上、昨日9月17日放送の感想)

関連記事
スポンサーサイト

タグ: 科捜研の女

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

 2010/09/09 Thu 23:59:59
最後、科学の捜査によって罪を暴かれた犯人とマリコとの会話が奥深かい。
降参して「花とトンボに罪を暴かれるとは…」と肩を落とす犯人に、
「きっと…償えと言ってるんですよ。花もトンボも償えと言ってるんです、
貴方に」と優しくもあり厳しくもある言葉をかけるマリコが印象に残った。
20100909.jpg
死体に付着した何処にも存在しない場所の土が謎を呼ぶとても興味深い話。
そこから環境保護やら遺伝子移入とゆう難しい話に発展。それがまた新鮮。
ゲストは佐野史郎で役名が冬彦ならぬ晴彦・はるひこ。遊び心を感じる。

遊び心もう一つ、科捜研メンバー総出でトンボを捕まえるシーン。
探してたトンボが日野の頭にとまり、マリコが指をクルクル。笑えた。
それにしても今シリーズでは、従来のシリーズ以上にこき使われてる日野。
今話は更に酷かった。肉体労働で疲れ果てる日野の姿が微笑ましかった。
 2010/09/02 Thu 23:59:59
出会った時は失明で姿が見えず角膜移植によって視力が回復してから再会。
その真実が明らかになったのは、放送開始から46分頃。どんでん返し。
すごくずるい気もするが「こういう場合お金以下略」の台詞が誤解を生み、
ペンを取り出した時に後ろから刺される場面の衝撃は半端じゃ無かった。
20100902.jpg
苦労して手術して絵の大学にも入って、探し続けてやっと見つけた恩人に、
お礼をする直前に殺されるなんてあまりにも可愛そうじゃないかひどいぜ。
最後にフォローするエピソードがあったがそれでも救われない感たっぷり。

ゲストは升毅。仮面ライダーアギトや富豪刑事のコメディ演技を見て以降、
どんなに彼がシリアスな役を演じてもそれが逆に面白く感じ笑ってしまう。
ほんの少しだけど警察犬が登場。
しかし7シリーズと8シリーズに出てた犬のハリーと、
鑑識課警察犬担当香坂役の伊藤かずえが出なかったのが残念。
 2010/08/26 Thu 23:59:59
傷付けずに絵画を科学鑑定することになって、いつになく苦戦する科捜研。
今回は、かなり専門的でいつも以上に難しい捜査だった。
研究員達の分析シーンも大幅に増量されていた。
20100826.jpg
色んな機械で、お馴染みのBGMをバックに真剣な表情で調べる研究員達。
各々の調査結果を並べ、各人が話し合い推理をめぐらし次の段階へと進む。
それらを楽しみでこのドラマを観てると言っても、けして過言では無い。

このドラマならではの醍醐味を、じゅうぶんに堪能できた。
状況証拠しか出てこなくて逮捕出来なかった犯人を、1つの着眼点から、
隠された血痕という見えない物的証拠を得て逆転解決。気持ち良かった。
これでゲストが貫禄があって芸術家っぽい人だったなら文句なしなのだが。
 2010/08/19 Thu 23:59:59
ゲストは平田満と未來貴子。平田満が演じる本間教授は、風丘教授の恩師。
という訳で今回はいつもは出番が少ない風丘教授にスポットを当てたお話。
この若村麻由美が演じる風丘早月というキャラクターは好きなので嬉しい。
20100819.jpg
普段は解剖時以外真剣な表情を見せない彼女だが、今話は流石に真面目顔。
整った顔が際立ち見惚れてしまう。いつもとのギャップで美人度五割増し。
思いおこせば、さすらい刑事旅情編のパート1に出てた頃は22年も前だ。
年齢を感じさせない。とても年上とは思えない若さだ。沢口靖子も同じく。

内容的には嫉妬による殺人で科学捜査もこれといった目新しいものは無し。
でも風丘早月が大活躍したので、じゅうぶんに満足だ。
残念なのは、風丘の娘の松元環季が演じる亜矢が出て来なかったことかな。
 2010/08/12 Thu 23:59:59
猟奇的な連続殺人で、夜8時台の放送としてはハードな内容だった。
その上、現場に死亡と認定された男の毛髪が残るとゆうミステリアス要素。
まあお話自体はいまひとつだったけど、科学捜査の面はかなり面白かった。
20100812.jpg
被害者に付着した涙は、交感神経が刺激されて出た為にナトリウムが多い。
逆に、感動したり嬉しい時の涙は副交感神経が刺激されカリウムが増える。
リラックスした時に出る涙と緊張状態に出る涙は成分が違うという豆知識。

日常の役には立たないけど、こういった豆知識がこのドラマでは多く登場。
コナンが現場で難しい事を色々詳しく話して「お前、なんで知ってるの?」
「テレビでやってた」の流れは…アホなことを思い浮かべてしまった。


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。