かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2006/05/31 Wed 23:59:59
辞典を更新
名探偵コナントークを更新
フリーページを更新
仮面ライダーニュースを更新
名探偵コナンニュースを更新
アルバムを更新

http://y392nosaka.hp.infoseek.co.jp/

久々にフリーページを更新し、単体アルバムを設置。
以前、写真が小さいですねと言われたのを思い出した。
空き容量はまだまだあるので、大きくしてもいいのだが、
それが当たり前になってしまったら、
すぐに空き容量が無くなりそうだと、心配してしまう。
つくづく貧乏性だなと思う。
ホームページは50M。アルバムは100M。
両方合わせても、30Mくらいしか使用していない。
でもこれから先も、ずっと沢山アップしていくつもりだ。
今さえよければいいってことじゃねぇんだ。
出来る限り小さくして、可能な限り画質も落として、
今夜も小さい写真をアップロード!
苦闘は続く・・・。

関連記事
スポンサーサイト

FC2ジャンル:コンピュータ - FC2テーマ:ホームページ作成の苦闘

カテゴリ更新記録 |  trackback  |  comment
楽天戦(2回戦) 
 2006/05/31 Wed 23:59:58
3対6 敗戦
5回裏に逆転に成功。1点リードで迎えた9回表、
マウンドに上がった久保田が、勝利を目前に崩れた。
2つの四球で1死1・2塁から、逆転打を放たれた。
敗北
打●
投●久保田・3勝4敗11S
(杉山・ダーウィン・ウィリアムス・藤川・久保田)
場☆甲子園・18:00
「せっかくのスギの好投が、赤星の決勝打が、
ジェフと球児のリレーが、すべてがパーになった!
バンドを恐れての、ストレートの四球は情けない。
1塁への暴投も哀れだった。恐るべし久保田劇場。
せめてもの救いは、こんなんでも首位をキープ。
5月最後の試合は、とんでもない逆転負けとなった」
カテゴリ阪神の試合 |  trackback  |  comment
楽天戦(1回戦) 
 2006/05/30 Tue 23:59:59
5対2 勝利♪
1点を追う8回裏に、スペンサーの本塁打で追いつき、
更に一死1・2塁から、金本の3ランで勝ち越した。
先発の井川は、8回で12三振を奪い4勝目をあげた。
勝利
打○スペンサー・3号ソロ 金本・5号3ラン
投○井川・4勝3敗 久保田・3勝3敗11S
(井川・久保田)
場☆甲子園・18:00
「対右投手10打数無安打のスペンサーを、
敢えて代打に送った岡田采配、大当たり!
2戦連発の3号ソロは、試合を振り出しに戻し、
更に、金本の勝ち越し3ランを呼び込んだ。
イガーも前回登板に続き、少ない失点で抑えた。
首位をがっちりキープ。気持ちいい」
カテゴリ阪神の試合 |  trackback  |  comment
下妻物語 
 2006/05/29 Mon 23:59:59
富豪刑事での楽しい演技で、高感度がUPした深田恭子。
その深田恭子が主演とゆう事で、HDDにタイマー予約。
月曜ゴールデン枠で放送の、映画『下妻物語』
たいして期待もかけずに、気楽に流し観する事にした。
最初は、跳びすぎた演出に、途中で挫折しかけたけど、
20分を過ぎた辺り、そう「いちこ」が出てきた辺りからは、
すっかり、軽快なテンポとコテコテなギャグに魅了された。
これが中島哲也テイストなのか! と、遅ればせながら認識。
20060529.jpg
ありえない程の、ロリータとヤンキーの構図が楽しかった。
2人の会話や要所に挟まれる深田恭子のナレーションもグッド。
バカバカしい中で時折見せる真面目なシーンのバランスが秀逸。
流れるように進んでいくスピード感ある展開に、小ネタ満載。
アンフェアで俄然注目した、篠原涼子に阿部サダヲとか、
好きな宮迫博之や樹木希林とか、脇も豪華な役者さんが多数。
6回のCMを送りサーチですっ飛ばし、一気に最後まで観れた。

土屋アンナの徹底した演技は、本当に面白かったし、
神戸美和子とは違った、深田恭子の魅力を堪能出来た。
困った顔や笑った顔の表情の豊かさに加え、あのファッション、
更にブリブリ台詞が似合ったりする個性には感動すら覚えた。
そして、珍しい怒った顔に怒鳴り声も、なかなか良かった。
カテゴリ普通日記 |  trackback  |  comment
 2006/05/29 Mon 23:59:58
シールやステッカーの類。気前良く貼れる人も居れば、
勿体無くて貼れないでしまっておく人も、また居る訳で、
元太は気前良く貼れるタイプだった。元太らしいと思う。
自分は勿体無いからしまっておくタイプで、元太とは真逆。
本来の貼るとゆう機能を殺して、見る楽しみに徹している。

それにしても仮面ヤイバーのシール。
何故、元太だけが沢山貰えて、光彦達は貰えなかったのか。
光彦だって歩美だって、仮面ヤイバー好きなのに、元太だけ。
まぁ歩美も、しっかりスーツアクターからサインを貰ってたけど。
たとえ元太がおねだりしたとしても、4人も子供がいるのに、
元太一人だけに沢山シールを渡すのは不公平だと思う。
それとも皆で分けっこするように言って沢山渡したのに、
元太が忘れて、ひとりじめしちゃったのだろうか。

そんなどうでもいい細かいことは置いといて、
今回のスタントの話は、特撮大好きな自分にとって興味ある内容。
被害者の性格を利用した巧妙な手口も、悪しき事ながら見事。
相変わらず証拠を手元に残す、ここ最近のパターンも目をつぶろう。
元太の「なんか泣いてるみたいだな」この台詞がせつなかった。
殺人に利用された車のアクセル音が、自分にも泣き声に聞こえた。
カテゴリ名探偵コナン |  trackback  |  comment
 2006/05/29 Mon 16:04:03
華麗な戦闘シーンが始
と、かずぼんが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「かずぼん」が書きました。
カテゴリ普通日記 |  trackback  |  comment


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。