かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
悪魔が来りて笛を吹く 
 2007/01/05 Fri 23:59:59
金曜プレステージ、金田一耕介シリーズ第4弾を、長々と鑑賞。
何度も映像化された、横溝正史の定番「悪魔が来りて笛を吹く」
天銀堂事件とか、笛のレコードが屋敷内に鳴り響くシーンが、
昔、ガキの頃に観た時に、すごく怖く感じた作品だ。
20070105.jpg
最近の横溝正史作のドラマではどれも怖く感じる事が出来ない。
映像が綺麗過ぎるのもあるし、死体が出る場面は解ってるし、
猟奇的な描写は抑えられてるし、自分は大人になっちまってる。
それと、TBSで昭和52年に古谷一行がやってた、
横溝正史シリーズが、あまりにも怖かった印象がいまだ根強い。
以前レンタル屋でTBSのを借りて観た時も、怖いなと思った。

そんな訳で怖さを期待せず、単に横溝作品を楽しもうと思って、
軽い感じで観たら、わりと良く作られていたので嬉しかった。
須磨、明石、淡路島の半世紀前の雰囲気は、素晴らしかった。
山田スミ子を出してくるあたりも渋い。榎木孝明と国仲涼子が、
肝となる大事な役をしっかり演じてたので、最後まで楽しめた。
慣れたもんで吾郎くんの金田一も違和感無く観れる様になった。
場面の切り替わりや、暗い画面にBGM等、工夫も感じられた。
そして今回も見事な絶命っぷり。「しまった!」の台詞も健在。
コナンを見て以来、新一の台詞の「犯人を推理で追い込んで、
みすみす死なせちまう探偵は、犯罪者と同じ」がピタリと嵌る。
だけど、これがあってこその横溝作品。悲しい結末のあとに、
一瞬ホッとなれる優しい場面が展開するのが、たまらないのだ。
関連記事
スポンサーサイト





FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:ドラマ

カテゴリ普通日記 |  trackback  |  comment
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazu392.blog8.fc2.com/tb.php/1112-2935dac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
フジの吾郎ちゃんの金田一、「悪魔が来たりて笛を吹く」をみた。
2007/01/09(火) 23:21:41 | 取手物語~取手より愛をこめて
稲垣=金田一の第四弾!
2007/01/10(水) 10:32:14 | Akira's VOICE


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com