かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2007/02/01 Thu 23:59:59
たそがれる橘デスクが、カツ丼を食べながら杉浦と交わした言葉。
そのひとつひとつが、本当に重たくて、深くて、せつなくて、
人生を楽に考えてるこっちまで、黄昏気分になってしまった。
野際陽子の演技は、長年の経験から溢れる貫禄もあり流石に上手い。
そのうえ、なんか70歳超とは思えない熱っぽさすらをも感じた。
それは多分8年間ずっと観続けてきた馴染み深いキャラだからかも。

平田満との会話も良かったが、そこではまだ一般論の域を出てない。
まぁ、歳とりゃ誰しもがそんな事を考えるよなと軽く観ていられた。
しかし、後に杉浦にぶつけたのはまさに橘の本音。一転して重たい。
杉浦と全く同じ様に「橘デスクともあろうお方が…」と思ってたら、
その直後にガツンと響く台詞がきて、感動した。心憎い展開だった。
kyoutomeikyu9.jpg
最後の方まで明かされなかった、橘の休暇の真相にはビックリした。
話を聞いて随分経ってから、温泉じゃなかった事に気づいた杉浦。
普通なら遅いな!と笑うトコなんだが、自分も似た様なもんだった。
よく考えたら、一連の流れに、あの親友の話は必然。
けして付け足しなんかじゃなく、それを前提に構成されたもの。
温泉旅行と思わせるのは製作者側の意図。それにまんまとハマった。
「個室露天じゃなかったのか…」これまた、杉浦と全く同じ感想だ。
なんか今回は、すっかり杉浦の目線で観てた。同調度が高かった。
関連記事
スポンサーサイト


タグ: 新・京都迷宮案内

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazu392.blog8.fc2.com/tb.php/1149-c92dc81e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
お勧め温泉の紹介、開運の湯
2007/02/08(木) 00:53:10 | 温泉に行きたい!
知っている人だけが得をする!アメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・ハワイ・韓国・・・ あなたはどこに行きたいですか?
2007/02/09(金) 00:20:01 | 無料で海外へ!


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。