かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
刑事部屋・第2話 
 2005/07/13 Wed 22:11:11
第一話はいきなりオープニング曲だったのに、
始まってから、もうすぐ10分ってとこで流れたOP。
しかし! …先週と違う。めちゃくちゃにかっこいい。
第2話にして、いきなりオープニングが変わって驚いた。
先週の、屋上に立つ恭兵のOPも勿論良かったが、
動きのあるレギュラー陣の分割ショットを次々と連続に、
役名と役者の名前が挿入される大好きなパターン。
まるで往年のアクション刑事ドラマの様で気に入った。

部下に歳を聞かれるシーンがあった。
「班長は御幾つなんですか?」「53歳です」
渋い。カッコいい53歳だ。本当に憧れてしまう。
設定上、堅い役なので真面目で丁寧な台詞が多いが、
恭兵の表情、仕草に、あーやっぱりいい男だと感じる。
しかし仙道晴見が、刑事初めてじゃ無かったとは…、
前回新人だと言ってたのに、実は経験済みだったとは…、
やっぱり過去に何かあるなと期待させる展開だ。

そんな大好きな柴田恭兵ばかり目で追って見ているが、
鵜飼刑事のキャラにも惹かれるものを感じた第2回。
飄々とした行動に、洒落の効いた粋な台詞の数々と、
ネタ提供して貰ったらしっかりお礼を渡す太っ腹な部分。
結構、お金に余裕あるんだなーと思った。
関連記事
スポンサーサイト


タグ: 刑事部屋

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazu392.blog8.fc2.com/tb.php/221-b968fa9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
刑事部屋 第2話。詳しいあらすじはこちら。
2005/07/18(月) 07:53:51 | 三味線屋始末帳


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。