かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2008/02/21 Thu 23:59:59
記者を辞めて母の介護に悩まされる曽ヶ端渚の元先輩・加寿子の、
「全部東京に置いてきちゃった」の台詞にくるものがあった。
この台詞の重みは、上京と帰郷を経験した者にしか解るまい。
立場や境遇は違えども、埼玉から大阪に戻った自分には染み入る台詞だ。
2008meikyu.jpg
国生さゆりも、いつの間にか四十路のいい顔になってきたじゃないか。
演技自体は、おニャン子時代からそう上達したようにゃ見えないが、
この迷宮案内ではすっかり渚のキャラを確立してきちんと演じてると思う。
後半の「解らないわよ」のあたりは涙を誘ってくれた。自然な泣きの演技。
ラストシーンの疾走は解る人には解るスプリンターさゆりの復刻版映像。
100メートル12.8秒ってのを思い出した。ノスタルじじいだ。

それにしても今回も杉浦恭介は優しかった。
最初は、いい年していつまでも先輩後輩なんて気味悪いとか茶化しながら、
後輩を困らせる先輩を面白おかしく見てた。
でも肝心なとこで京日の先輩として渚を援護。まさにひねくれじじいだ。
関連記事
スポンサーサイト


タグ: 新・京都迷宮案内

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:ドラマ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazu392.blog8.fc2.com/tb.php/2288-fca7d728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。