かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき)
新しいプラットホームは用意された!! さて…、今日はどんな想いを発車させようか・・・
かずにっき内検索
HOME > かず日記
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カテゴリスポンサー広告 |   | 
 2011/09/19 Mon 16:59:43
我が身を守る為「あの時大声で『火が…火が…』と叫ぶ」という嘘の証言。
それを聞いて絶望した清水熱子の大きな笑い声が、哀しく法廷に響いた。
どん底に落とされ、泣くを通り越して笑う若村麻由美の迫真の演技だった。

もう一つ、火の記憶の真実、愛する夫の為に刑事に身体を投げ出した母親。
「ママは汚い、大嫌い」自分が母に対して思っていた事を娘に…。

以上2点、あまりにも可哀想で救われない話で、後味が悪いのなんの。
最後のピアノを前に田村正和と相武紗季の父娘の会話で少し緩和されたが。
kokusen.jpg
哀しい話だったけど、若村を筆頭にしてゲストに好みの人が多かった。
まず刑事役、昔は仮面ライダーZXで今はホンボシに出てる菅田俊。
父の昔の仲間、昔は刑事くんや特捜最前線に出ていた懐かしい桜木健一。
そして父、昔はベンジャミンで今は十津川警部シリーズで亀井の伊東四朗。
特に伊藤の泣きの演技は良かったなあ。
(以上、昨日2月10日放送の感想)

2011年2月11日(金)
関連記事
スポンサーサイト


タグ: 告発~国選弁護人

FC2ジャンル:テレビ・ラジオ - FC2テーマ:テレビドラマ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazu392.blog8.fc2.com/tb.php/4001-3203298b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 2004-2011 かずにっき(にっき+とらにっき+つぶやき) all rights reserved.

Powered by FC2ブログ
template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。